今回はNHKから取材を受けたことに関してです。
8月24日金曜日にNHK朝のニュース番組「おはよう日本」で
ユニバーサルトレーニングセンターのトレーニング風景が放映されました。

メインはパラリンピックに向けての暑さ対策ということで、
障がい者の体温調節機能、そしてその予防策などお話させて頂きました。
朝のニュースの為、映像はすぐ終わってしまいましたが
webの記事でも取り上げて頂きました。
汗をかけない人を知ってほしい
こちらご覧いただけます。

知って頂きたい事は沢山あったので、取材時間は長くなってしまったのですが、
さすがNHKの記者さんです。
要点を簡潔にまとめて下さっています。

東京オリンピック・パラリンピックは過去の大会の中で最も気温が高くなると予想されています。
そして、過去の大会では熱中症による死者は出ていません。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックではどこまでしっかりした準備が出来るかが日本には求められています。

現在オリンピック時期にサマータイムの導入など議論がされていますが、
本当に問題になるのはパラリンピックです。
プレーヤーや観客に当たる障がい者への適切な対応がオリンピックよりも更に求められます。

今回の記事はその点に関して分かり易くまとめられていますので、
こういった情報がもっと多くの人々に届くようにしていきたいですね。

今後も少しでも多くの人に障がい者の体温調節の大変さや予防策を知って頂き、
東京オリンピック・パラリンピックをより良い大会に出来るように
これからも情報発信を努めていきます。

 

障がい者スポーツとパラリンピック―リハビリテーション科医の役割―